大学院会計プロフェッション研究科同窓会

国際会計基準審議会(IASB)議長による講演会のお知らせ(3月12日開催)

2024年02月07日

国際会計基準審議会(IASB)Andreas Barckow議長による講演会

日時     2024年3月12日(火)
11:00開場 11:45開演

会場     青山学院大学 青山キャンパス ガウチャー記念礼拝堂
※事前申込み不要

プログラム

開会挨拶(11:45~11:50)  稲積宏誠(青山学院大学学長)
講演  (11:50~12:30)  Andreas Barckow(IASB議長)
質疑応答(12:30~12:45)    久持英司(青山学院大学准教授)
閉会挨拶(12:45~12:50) 鈴木理加(IASB理事)

司会 小西範幸(青山学院大学総合研究所所長・国際会計研究学会会長)

講演者紹介
Andreas Barckow氏
2021年7月よりIASB議長に就任。議長就任後,今回が初来日となる。国際会計の分野での多くの経験を有し,リーダーとして高い評価を受けている。2015年から2021 年まで,ドイツ会計基準委員会(DRSC)の委員長を務めてきたほか,IASB の会計基準諮問フォーラム等のメンバーを歴任。

以下のウェブサイトを参照:https://www.ifrs.org/groups/international-accounting-standards-board/profiles/andreas-barckow/

国際会計基準審議会(IASB)について
IASB(The International Accounting Standards Board)は,企業が財務諸表を作成する際に適用すべき国際的な会計基準(IFRS)の策定を担っており,日本を含めて世界145か国ほどの国が容認している。IASBメンバーは,欧州,アジア・オセアニア,南北アメリカ,アフリカなどから構成され,日本からは鈴木理加氏が選出されている。
現在では国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)も設立され,気候関連の基準などが公表されて,企業経営に携わる者にとっては両審議会の動向を注視する必要がある。