団体一覧

GROUP

アイビーグループ(文化系)

アイビーグループ(文化系)

グリーンハーモニー合唱団OB会

青山学院大学グリーンハーモニー合唱団OB会は、以下の事柄などを行うことを目的として、活動しています。

・現役GHの発展、向上に資するための活動・援助
・会員相互の親睦
・青山学院に寄与するための活動
・合唱を通じたOB会活動の支援

グリーンハーモニー合唱団OB会のページへ

茶道部OB会

新聞編集局OB会

青山学院管弦楽団《楽友会》

青山学院管弦楽団《楽友会》は、2009年の発足以来、以下の活動方針のもと活動をしております。

青山学院管弦楽団《楽友会》活動指針

 * 現役と卒団生を繋ぐ情報発信・交流のハブ
 * 現役の活動に物心両面の支援
 * 母校青山学院への寄与

また、《楽友会》のお仕事を手伝ってくださる方を常時募集しておりますので、お気軽に事務局までご連絡ください。経費削減のため、現役生 の演奏会や同窓会・総会のご案内などは、メール配信に移行させて頂いております。 まだメールアドレスを登録されていない方、アドレスが変更になった方は、公式 HP よりご登録をお願いいたします。

青山学院管弦楽団《楽友会》のページへ

青山学院大学ESS同窓会

青山学院大学ESSは今年で創立95年(1925年創部)を迎えます。昔も今も青山学院大学の文科系クラブで最大級の部員数を誇り、現在、200名余の学生が英語を磨くクラブ活動に毎日励んでいます。卒業後も多くのOBOGは「英語の青山」の伝統を継承して、英語を生涯の友としています。 登録会員数は約1300名であり、多様性に富んだ大勢のOBOGが世代を超えて繋がり交流し、現役学生を応援し続けるコミュニティーです。5年後の2025年は青山学院大学ESS創立100年の年です。更にもっと多くのOBOGが繋がり、ともに祝いたいと思います。

青山学院大学ESS同窓会のページへ

青山学院大学落語研究会OB会

青山学院大学落語研究会は1963年に創設されました。以来、現在にいたるまで活発な活動を続けています。落語という広く大衆から愛されている芸能に親しむことにより、学生生活がより豊かで充実したものとなり、卒業後は生涯楽しめる趣味、娯楽にもなります。一見ばかばかしい落語の中にも、浮世を生き抜くための大切なヒントが隠れていたりもします。日々の暮らしの中でも決して笑いを忘れない、それが私たち落語研究会OB会です。

青山学院大学落語研究会OB会のページへ

古美術研究会OB会「甃会」

青山学院大学古美術研究会は1965(昭和40)年、古美術(仏像、寺社建築、庭園、絵画、工芸品など)や歴史好きの仲間が集い、設立されました。
その後60年の歳月を経る中、後輩たちが途切れることなく活動を続け、今日に至っております。卒業生(OB・OG)は1,100名を超え、OB会組織「甃会」として親睦活動や現役学生との交流・支援、古美術研究の啓発活動を続けています。
70代から20代まで、青山キャンパスで過ごした風景はそれぞれの時代で異なっていても、私たちには共通のキーワードがあります。それは「甃」という文字、誰もが辞書を引かずに読めること。私たちは同じ石だたみの上を歩んでいるのです。

古美術研究会OB会「甃会」のページへ

青山学院大学アイセックOBOG会

アイセックは、海外インターンシップ運営を通じ、次世代の国際社会を担う学生が自己の可能性を探求し、発展させることを目的とした学生団体です。
世界126の国と地域に支部があり、全世界で約100,000名の学生メンバーが活動に取り組んでいます。国内においてはNPO法人格を取得しており、24の大学に運営活動主体となる団体が置かれ、全国で約1,600名の各大学在学生によって運営されています。アイセック青山学院大学委員会は、2021年に創設50周年を迎えました。

青山学院大学アイセックOBOG会のページへ

青山学院オラトリオ・ソサエティ合唱団OBOG会

青山学院オラトリオ・ソサエティ合唱団は、故奥田耕天先生(元青山学院大学神学科教授、日本オルガニスト協会初代会長)の「ヘンデルのメサイアで戦後の復興の手助けをしたい!」との強い思いから結成されました。時の経過により一時は活動が途絶えそうになりましたが東日本大震災からの復興を祈る音楽礼拝を機に活動を再開し、現在ではその卒業生や活動趣旨に賛同されている方々と共に学院や諸教会での音楽礼拝等奉仕演奏活動を続けております。

青山学院オラトリオ・ソサエティ合唱団OBOG会のページへ

青山キリスト教学生会(ACF)ぶどうの会

私たち「ぶどうの会」は、青山キリスト教学生会(ACF)で学生時代を過ごした仲間たちの交わりです。青山学院の建学の礎であるキリスト教に根差し共に豊かなときを過ごし、卒業した今日もキリストの御名によって相互につながり、また、学院ともつらなることを思い、聖書のみことばから「ぶどうの会」と名づけられています。
青山学院のスクールモットーである「地の塩、世の光」を校友会でも体現すべく、祈りと想いを篤くしています。
社会のなかにあって「地の塩、世の光」として証を立てる者と、それぞれが神さまからいただいた賜物に応じて歩んでいます。そしてそれぞれの立ち位置で、青山学院のために祈り続けています。

青山キリスト教学生会(ACF)ぶどうの会のページへ

青山学院長唄同好会OB会

会長の峯岸国彦(昭和51年法学部卒)でございます。これまで、学生長唄連盟OB会の定期演奏会に参加するなどの活動を続けています。現役学生の同好会が休部となっております。OBOGの皆様のお力添えをお願いいたします。

青山学院長唄同好会OB会のページへ